肯定的感情トレーニング

お知らせ

トラウマ(心的外傷)に対する

オンライン・肯定的感情トレーニング

参加者募集

 

過去の否定的な経験が繰り返し思い出されて苦しい思いをされている方を対象に、慈悲の瞑想やマインドフルネス瞑想を通じて、肯定的な感情を育むトレーニングの臨床研究に参加いただける方を募集しております。
ワークショップの3つの柱
1.自分,他者,生きとし生けるものすべてのものの幸せを願う慈悲の瞑想の実践
2.思考や感情にとらわれないようにするためのマインドフルネス瞑想の実践
3.私たちの周りにある愛情(慈悲)に気づき,辛い過去の記憶による苦痛を低減し,安らかな気持ちでいられるようにする
 
慈悲とマインドフルネス瞑想とは?
 
みなさんは、過去の嫌な経験が繰り返し思い出されて、その辛さで苦しい思いをしたり,日常生活がうまくいかないことがありませんか?
例えば、自分自身が大きな事故や自然災害、暴力に遭遇した、または身近な人がそのような出来事に巻きこまれたことを見聞きしてショックを受けたことで、今現在の生活が安全な気持ちで過ごせなくなることがあります。
過去の否定的な経験が繰り返し思い出されて苦しいので,人と接することを避けてしまう,また外にでるのが億劫になってしまう・・。これは,とてもお辛いことだと思います。
そして、自然に振る舞えない自分を責めてしまい、余計にしんどくなる。。。
実は瞑想が過去の記憶を思い出す辛さや苦痛,他者や環境に対する不安を軽減する可能性があることはご存知でしたか?
この度,関西学院大学 有光研究室にて行われることとなった「肯定的感情トレーニング」では,仏教伝来の慈悲とマインドフルネス瞑想によって,自分に思いやりの気持ちを向け,人を恐れるのではなく思いやりの気持ちを向ける練習をして,自分のつらい気持ちを癒し,肯定的感情を感じられる日常生活を送ることを目指します。
慈悲の瞑想は,自分や他者が幸せであるように,悩み苦しみがなくなるように,といったことを願う,「慈しみ」の心を育てるものです。
これ以上自分を傷つけることはないのです。
アメリカの研究では,この慈悲の瞑想を実践することによる臨床的な効果も見出されています。
今回実施する研究は,過去の否定的な経験が繰り返し思い出されて苦しい思いをされている方を対象にして、肯定的な感情を使った瞑想のトレーニングによって、現在の苦しさを軽減させる効果があるかどうかを確かめるために行われるものです。是非ご検討のうえ応募いただければ幸いです。
 
ワークショップの基本的な流れ
電話インタビュー・・・・・応募された方を対象に,参加資格があるかどうか,電話でインタビューします(10分程度)。
    ↓      
事前アセスメント・・・オンラインで,ワークショップの目的や内容の説明して,ご同意をいただきます。現在の状態をお伺いして,質問紙調査を行います(最大90分程度)。           
    ↓     
ワークショップ・・・オンラインで,慈悲とマインドフルネスの瞑想の実践をグループで行います(全12回)
    ↓
ホームワーク・・・日常生活でワークショップで学んだ慈悲の瞑想について実践します(毎回)
    ↓
事後アセスメント・・・オンラインで,事前アセスメントと同様に現在の状態を伺い,質問紙調査を行います。また,第3者によるインタビューを行います。
    ↓
フォローアップ調査・・・オンラインで3ヶ月後,半年後,1年後に再調査を行います。
対象
20歳以上の成人の方
過去の嫌な経験が繰り返し思い出されて、その辛さで苦しんでいたり,日常生活がうまくいかないと感じている方
日本語を母国語とする方
ご自宅などプライバシーの確保できる環境でPCを使ってweb会議(Zoomを使用)が可能な方
※参加者様の安全確保のため,ご状態によってはご参加いただけないことがあります。例えば,通院治療中の方は治療を優先していただきます。ご参加いただけるかどうかは,電話インタビュー,事前アセスメントで明らかになります。
日時
期間:令和2年12月以降(合計12回)
1回60分
時間帯:ご希望に合わせて調整します。ただし,グループでの実施となるため,必ずしもご希望に添えるとは限りません。
実施例:平日13:30〜,平日18:00〜,土曜日9:00〜,11:00〜
参加費
無料(関西学院大学 個人研究費により,12回参加者に¥5,000お支払いします)
実施方法
オンライン(web会議アプリのZoomを使用します)
参加申し込み方法
ご参加にあたっては,下記の電話番号か,メールアドレスに,ご連絡先(メール・お電話番号)をお知らせ下さい。
できるだけ早い時期に結果をご返信いたします。
ご質問についても,同じ連絡先にお気軽にお尋ね下さい。
連絡先:
E-mail: caslstudies@gmail.com
TEL 080-1361-9039
不在の際は留守電になりますので,お名前,電話番号を録音して下さい。
業務の関係上,火曜日と木曜日にお返事を行っております。必ずご返信いたしますので,お待ちいただければ幸いです。
大学の他部署へのご連絡はくれぐれもご遠慮ください。
 
ご参加に関して
6-8名のグループへの参加となります。
研究目的のため,3カ月ほど待機していただくグループに割り振られる可能性があります。
関西学院大学「人を対象とする医学系研究」倫理委員会の承認を受けています。
事前面接において,希望者の安全の確保,研究の目的に合致していることの確認を行った上で参加が決定されます。
参加は自由意志で,ワークショップ中に気分が悪くなるなど,そのときの状態でいつでも辞めることができます。
得られた結果については,個人名などは一切公表されませんが,数値化され,学会などで報告されます。
以上のことをご同意の上でのご参加になります(事前面接時に詳しくお話しします)。
講師
有光興記(関西学院大学文学部 教授)
ボランティアスタッフ
ほか
 
有光研究室に戻る