慈悲とマインドフルネス瞑想

 

怒られて自分がダメだと思ったとき

仕事がうまくいかずに,くるしいとき

自己批判して落ち込んだとき

慈悲とマインドフルネス瞑想

対処する方法を研究しています。

 

慈悲とマインドフルネス瞑想とは?

 

人から批判されたり,自己批判したときに,傷つき,落ち込むことがあります。

そんなとき,他者を思いやるように,自分を思いやることができたらどうでしょう?

必要以上に自分を傷つけることはないのです。

他者を思いやるように,自分自身にも思いやりの言葉をかけてみましょう。

また,怒りを向けていた相手の幸せを願ってみると,新しい考えが浮かんでくるかもしれません。

 

仏教では,思いやりのこころを慈悲と呼んでいます。

慈悲とは、生きとし生けるもの全ての者を慈しむことです。

本研究室では,自分を思いやること,同じように生きとし生けるものすべてのものを思いやることで,肯定的感情を向上させ,否定的感情を低減することを,様々な調査,実験,臨床試験で明らかにすることを目標としています。

研究成果

Arimitsu, K. (2014). Development and validation of the Japanese version of the Self-Compassion Scale. Shinrigaku kenkyu : The Japanese Journal of Psychology, 85, 50-59. PDF

Arimitsu, K., Aoki, Y., Furukita, M., Tada, A., & Togashi, R. (2016). Construction and Validation of a Short Form of the Japanese version of the Self-Compassion Scale. Komazawa Annual Reports of Psychology, 18, 1-8. (In Japanese with English abstract)

Arimitsu, K., & Hofmann, S.G. (2015). Cognitions as mediators in the relationship between self-compassion and affect. Personality and Individual Differences, 74, 41-48. PDF

Arimitsu, K., & Hofmann, S.G. (2015). Effects of compassionate thinking on negative emotions. Cognition and Emotion. Link

Arimitsu, K. (2016). Effects of loving-kindness meditation for mood disorders. In H. Kaiya, H. Kumano, & F. Koshikawa (Eds.), Mindfulness: Basics and Practices (pp. 193-204). Tokyo: Nihon Hyoronshya. Link

Arimitsu, K. (2016). The Effects of a Program to Enhance Self-Compassion in Japanese Individuals: A Randomized Controlled Pilot Study. The Journal of Positive Psychology.Link

Arimitsu, K. (2017). A compassion focused approach and therapeutic strategy for a patient with chronic pain. Japanese Journal of Psychiatric Treatment, 32, 949-955.Link

Arimitsu, K. (2017). Mindfulness meditation: A clear illustration. Kodansha.Link

Hofmann, S. G., Petrocchi, N., Steinberg, J.., Lin, M., Arimitsu, K., · Kind, S., Mendes, A., Stangier, U. (2015). Loving-kindness meditation to target affect in mood disorders: A poof-of-concept study. Evidence-Based Complementary and Alternative Medicine. http://dx.doi.org/10.1155/2015/269126


 

 

有光研究室に戻る

関西学院大学に戻る