研究スタッフの募集内容

【募集内容】本研究室は,臨床領域に応用可能な感情科学的知見を生み出していくことを主眼としています。感情の生起および制御メカニズムを,脳科学や心理科学を軸に探求していますが,対象が健康な方だけでなく,臨床域の方も含みます。研究者として,臨床に生かせる感情科学的研究をやっていきたい方,また公認心理師として将来働きたいが最新の知識や治療技法を得たい方を,下記のように幅広く募集しております。

1. 関西学院大学大学院の大学院生

【大学院の担当科目】心理科学研究演習,心理科学特殊研究,博士論文作成演習

【演習内容】感情の問題に対する心理科学的研究について,学部から博士課程まで指導を行います。感情の制御に関する実験や調査,不安症やうつ病の患者群を対象とした臨床試験に参加してもらい,研究手法を学ぶと同時に,臨床技法についても習得していきます。臨床ができる科学者,科学的な見地からアセスメントや治療が行える実践者を目指し,希望者には公認心理師が取得できるように指導を行います。

【演習キーワード】不安,あがり,恥,罪悪感,コンパッション,非言語的表出,自閉症スペクトラム,認知行動療法,マインドフルネス瞑想,慈悲の瞑想,科学者ー実践家モデル,臨床感情科学

2.リサーチ・アシスタント (募集を再開しました)

週2回程度,研究の補助のアルバイトができる方を募集しています。感情科学または臨床心理学に強い関心のある方で学部卒以上等の条件がございます。詳細は,PDFファイルをご覧ください。

3.リサーチ・ボランティア

    ボランティアとして研究の補助をしていただける方を募集しています。感情科学または臨床心理学に強い関心のある18歳以上の方等の条件がございます。詳細は,PDFファイルをご覧ください。

  • 募集pdf