西宮マインドフル・リトリート in 関西学院

2018年2月25日 開催のお知らせ

【概要】

関西学院大学・臨床感情科学研究室では,これまで「慈悲とマインドフルネス瞑想」に関する研究成果を公表し,現在も実践的な研究を行っております。仏教伝来の瞑想法には,数多くの方法がございますが,臨床応用に関して科学的な検証があるのはごく一部です。臨床実践にどのような形で瞑想法を取り入れるのかについては,いまだに慎重な議論が必要な段階です。

そこで,今回は国内外での指導経験をお持ちで,その最新の瞑想法を説いた「光の中のマインドフルネス」を昨年11月に上梓された山下良道先生をお招きして,瞑想法のあり方については,ご教示いただくとともに,瞑想実践についてもご指導いただきたいと考えております。

また,本学の人間福祉学部の池埜聡先生を交えて,臨床,福祉現場で「マインドフルネス」を実践,指導するには何が重要になるかについて,2018年における現場の最新事情も踏まえて鼎談を行い,今後の瞑想実践のあり方について議論を行いたいと考えおります。(有光興記,文学部・教授)

【山下良道先生のご紹介】

山下先生は,曹洞宗での坐禅修行,欧米での海外布教,ビルマのテーラワーダ仏教の瞑想修行を経て,2006 年に帰国,2013 年に「仏教 3.0」を提唱されました。「誰がマインドフルに観察しているか?」という問題を解き,ワンダルマ・メソッドによる坐禅を全国で指導されています。

著書:『本当の自分とつながる瞑想入門』『青空としてのわたし』 『光の中のマインドフルネス』

共著:『アップデートする仏教』 『仏教 3.0 を哲学する』

【会場およびタイムスケジュール】

会場:関西学院大学 上ヶ原キャンパス G号館2階 多機能演習室

当日は入り口がG号館の正面のみになります。ご注意ください。

開催日:2018年2月25日

12:30  受付開始 オリエンテーション

13:00  法話「光の中のマインドフルネス」 山下良道先生(鎌倉一法庵)

14:00  鼎談「光の中のマインドフルネスと臨床・福祉実践」

山下先生 × 有光興記(文学部・教授) × 池埜聡(人間福祉学部・教授)

15:00  休憩 会場移動

15:30  ヨーガ アーサナ+プラーナーヤーマ by 鈴木裕美さん

16:10  青空の瞑想

17:30  ダルマシェアリング

18:00  終了

※座布やヨーガマットなどをご持参いただきますと,瞑想実践がやりやすいです。

 希望者には,椅子席をご用意します。

参加費:無料

定員:60名(要事前申し込み,先着順)(おかげさまで,無事に終了しました)

連絡先:有光興記 (関西学院大学) 

ボタンをクリックして,お問い合わせください